2024年に教師が使うべき剽窃チェッカーベスト5

盗作というのは、そのようなものであることは誰もが知っている。 いろんなタイプがあるそれは、いつまで経ってもなくならないものだ。

これは、教育的誠実さの根幹に関わる問題であり、学識経験者の間ではいまだに関心が高まっている。

を上回っているのは救いようがない。 10人中8人が 課題の盗用は、より良い点数を獲得するのに役立つと信じている。

しかし、その代償は?これは、学生の人格形成に影響を与え、教育機関の評判を落とす、実に欺瞞的な行為である。

生徒がオリジナルの作品を作る代わりにコピーをすることにした場合、将来の成功に不可欠な学習の機会を逃してしまう可能性がある。

一方 学業用AI しかし、この強力なツールは諸刃の剣となり、盗作の言い訳にも使われている(これについては後述する)。

現代の教師は、時代の流れについていく必要がある。ここでは、どのような種類のものであれ、どんな事態にも対応できるよう、教師が使用するのに最適な剽窃チェッカーを紹介する。

これは、アカデミック・インテグリティ(学問の誠実さ)を堅持し、生徒が本当に自分の成果を得ることができるようにすることであり、現代に対応できるようにすることである。

教師のための最高の盗作チェッカー

盗作は基本的に、誰かが適切なクレジットを与えることなく、他人の作品を自分のものとして発表することで起こる。

これは、文章のコピー、許可なく言い換えたり、他人の研究データを使用したりすることである。

教師は通常、盗作を発見することに非常に長けている。しかし、手作業でそれを行うことは、特に何百もの学生の課題がある場合、圧倒され、時間がかかることがある。

ありがたいことに、現代のテクノロジーがその窮地を救ってくれる。

適切なツールを探していると、突然、次のようなことに直面するかもしれない。 さまざまなオプション.

剽窃チェッカーからAI検出器、パラフレーザーまで、それぞれのツールは書かれた作品の評価を高める独自の目的を持っている。

しかし教育者にとっては、盗作発見器は特に重要である。

盗作チェッカーが効果的なのは、提出された作品をスキャンし、大規模なデータベースを通じて比較する高度なアルゴリズムで設計されているからだ。

このデータベースには正当な出典が含まれているため、ツールがオリジナル作品との類似点を検出すると、剽窃の可能性があるとしてフラグが立てられる。

これにより、教師はすべてのコンテンツに目を通す必要がなくなり、フラグが付けられたコンテンツだけを確認すればよくなる。

これらのツールの中には、一致したテキストを強調表示し、ソースリンクを含めるものまであり、作業をより迅速かつ正確に行うことができる。

飛び込む準備はいいか?教師のための最高の剽窃チェッカーで心配を和らげよう。

1.検出不可能.ai

学生のためのAI盗作発見器

AIは一般的になってきた。私たちの行動のほとんど全てにAIが入り込んでいるのだから、AIが生成したコンテンツが教育機関内でも見られる可能性は高い。

AIの仕事自体は悪いことではないが、それを透明にしないことは盗作とみなされる可能性がある。教師が直面しなければならない新たな課題だ。

ChatGPTのようなAIツールは、大規模なデータセットを使って人間の文章を模倣したテキストを生成するのに使われてきた。

これらのツールは、ほとんどすべての種類のコンテンツを作成できるため、ある作品が実際に学生によって書かれたものなのか、それとも機械で作成されたものなのかを見分けるのが難しくなっている。

そこでAIによる盗作発見器の出番となる。しかし、世の中には多くの検出器があるため、中にはかなり信頼性の低いものもある。 AI検知器による誤認逮捕.

必要なのは、次のような信頼できる検出器だ。 検出不可能なAI.

これがAI盗作発見器だ フォーブス誌が選ぶベスト というのも、AIか人間かだけを判断する他の多くの検出器とは異なり、Undetectableは文章の構文や構造に至るまで、より深いレベルで文章を分析するからだ。

Undetectableの使い方は簡単だ。コンテンツをインターフェイスに貼り付けるだけで、AIのチェックができる。ツールの高度なアルゴリズムがテキストを分析し、GPT-3、GPT-4、バルド、クロードのパターンを特定する。

このため、『アンデテクタブル』は教師にとって強力なリソースとなる。

検出不可能なAI コストとアクセシビリティ

Undetectable AIは、基本的な機能と限定的な使用を提供する無料版で誰でも利用できる。

より広範なアクセスについては、パーソナル・プランが月額わずか$5から利用できる。最大10,000語の分析が可能だ。また、より大規模なニーズに対応する企業向けソリューションもある。

これは、AIが生成したテキストを検出する必要がある教師、ライター、研究者、コンテンツ制作者に最適だ。

Undetectableを使えば、教育者は生徒の作品が真に生徒自身のものであることを確信できる。

2.ターニチン

Turnitinは、学術の場で長年信頼されているリソースである。

あなたが教師なら、Turnitinをすでに知っている可能性が高い。Turnitinは、現在利用可能な教師のための最も人気のある盗作発見器と考えられている。

1998年にバークレー校の学生4人によって設立されたターニティンは、オンライン査読システムとしてスタートし、世界有数の剽窃検出ソフトウェアへと発展した。

このソフトウェアは、学生の提出物をスキャンし、主要な検索エンジンの現在および過去のウェブページの非常に広範なデータベースと比較することによって機能する。

このツールが素晴らしいのは、通常Googleでは見つからない学術データベースからのコンテンツも収集できることだ。

これには、定期刊行物、伝記、パンフレット、百科事典、雑誌、ジャーナル、書籍、抄録、医学雑誌などが含まれる。Turnitinをこれほど効果的にしているのは、超巨大なリソースのコレクションなのだ。

また、重複投稿にフラグを立てるインスタント・アーカイブ機能もある。

つまり、2人以上の生徒が同じ内容の論文を提出した場合、教育者はコピーされた内容をすぐに特定することができる。

Turnitinのコストとアクセシビリティ

Turnitinが非常に効果的であることは間違いないが、個人ライセンスは提供していない。そのため、このツールは機関購読を通じてのみ利用できる。

つまり、あなたの学校がTurnitinに加入していれば、そのサービスを利用することができるのだ。

個人では登録できない。パートナーシップを承認してもらうために、Turnitinの営業チームと電話をする必要がある。

この排他性は良くもあり悪くもある。合法的なユーザーには私的なアクセスを与え、悪用されることはないが、独立した学生や教育者のような、作品のオリジナリティをチェックすることで恩恵を受けるであろう多くの潜在的なユーザーにとっては法外なものだ。

しかし、この制限を克服してアクセスできるようになったとしても、包括的な検出機能を持つTurnitinは素晴らしい選択である。

教育者は、生徒の作品が本物のオリジナルであることを、より効果的かつ迅速に確認することができる。

3.ペーパーズオウル

PapersOwlホームページのスクリーンショット

PapersOwlは主にライティング・サービスとして知られている。鋭い視覚と聴覚で知られる賢いフクロウにちなんで名付けられたPapersOwlは、真実を明らかにし、学生の作品にオリジナリティを持たせることを大切にしている。

この多目的なプラットフォームは、幅広い学術サービスを提供しており、その中には剽窃チェッカーも含まれている。

PapersOwlは、最高品質の仕事を手頃な価格で提供している。基本的に入札制で、学生は熟練した専門家の中からライターを選ぶことができる。

また、自動マッチング・アルゴリズムを使って、ニーズに最適なものを見つけることもできる。

PapersOwlはEduBirdieの姉妹会社でもあるため、EduBirdieのプラットフォームに慣れ親しんだユーザーであれば、同様のユーザーフレンドリーなデザインと機能を享受できるだろう。

剽窃チェックにPapersOwlを選べば間違いない。

無料で使いやすく、字数制限もない。文書をスキャンした後、剽窃チェッカーは剽窃された内容のパーセンテージを表示し、修正すべき箇所を強調表示する。

また、詳細なレポートをダウンロードして確認することもできる。

ペーパーズオウル 費用とアクセシビリティ

PapersOwlの際立った特徴のひとつは、教師用の完全無料の剽窃チェックツールであることだ。

学生であれば、1ページあたり$8で、専門家が75%までリライトしてくれる。編集と校正を行い、剽窃のない提出可能な論文に仕上げる。

より詳細な編集やリライトのための広範な機能を備えた、迅速かつ基本的な剽窃チェッカーが必要な場合は、PapersOwlが適している。

4.プラギウム

Plagiumはウェブベースのツールである。

Plagiumはウェブベースのツールで、生徒にも教師にも便利だ。

このプラットフォームの主な機能には、より詳細なチェックを提供するディープサーチがあり、結果情報を追加した盗作検索の追加レベルも含まれる。

PlagiumはGoogleドライブやGoogleドキュメントとも簡単に統合できる。

これらの機能は、生徒の作品のオリジナリティと引用が正しく行われていることを確認する必要がある教育者にとって、特に有益である。

Plagiumはまた、英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の多言語に対応しており、国際的な使用にも適している。

プラギウムの費用とアクセシビリティ

興味のある方は、1,000文字まで無料でPlagiumを試すことができる。

クイック検索は1,000文字につき$0.04から、ディープ検索は$0.08から、アップロードされたファイルの比較は$0.005からという従量課金オプションも選択できる。

月々$9.99から利用できる月額プランもあり、より大量の検索を追加機能とともに提供する。

Plagiumは高価なオプションだが、その堅牢な機能、柔軟な価格設定、言語サポートにより、優れた盗作発見器として際立っている。

5.Scribbr

Scribbrホームページのスクリーンショット

アカデミック・サービスを提供するプロバイダーとして、おそらく最も優れているのはScribbrだろう。

高品質の校正・編集サービス、剽窃チェッカー、引用ジェネレーター、さらにはリソースに関するナレッジベースまで提供している。

同社のライターは、エッセイ、研究論文、学位論文など、あらゆるタイプのプロジェクトに対応できる。

Scribbrの剽窃チェック機能は、公認パートナーであるTurnitinによって提供されているため、もう一つの際立った機能である。

投稿された論文間の類似性を検出し、990億のウェブページと800万の出版物をカバーするウェブと出版物の膨大なデータベースを持ち、そのすべてが20以上の言語に対応している。

Scribbr 費用とアクセシビリティ

そのパワーにもかかわらず、Scribbrの最大の欠点はそのコストだ。Scribbrは無料版の剽窃チェッカーを提供しているが、非常に限定的だ。

料金は文書の長さ、必要なサービスのレベル、納期によって異なる。

そのため、7,499語までの小さな文書は$19.95から、50,000語以上の大きな文書は$39.95までかかる。

Scribbrを剽窃防止ツールとしてだけでなく、学問のための究極のサービス・プロバイダーとして見る必要があるだろう。

Scribbrは、徹底的で信頼できる学業支援を必要とする人々にとって素晴らしい選択である。

盗作の結果はどうなるか?

生徒がオリジナルの作品をコピーすることはないと信じているかもしれない。あるいは、あなたが純粋に自分の作品をコピーすることを信じている生徒かもしれない。 信頼できる調査 そして内容を正しく言い換える。

しかし、盗作が恐ろしいのは、偶発的に行われることもあるということだ。

意図的であろうとなかろうと、盗作がもたらす結果は広範囲に及ぶ。

学生にとっては、成績不振、停学、退学といった学業上の罰則を受けることもある。

盗作は学生の評判を落とし、学業での成功も難しくする。

学問の世界では、盗作は信頼を破壊する。本質的に倫理基準に違反し、独創的な研究や創作活動の価値を損なう。

盗作は、特に著作権侵害の場合、法的な結果を招くこともある。

個人、教育機関、そしてより広範な学術的・職業的コミュニティは、剽窃を非常に深刻に受け止め、常に予防的措置を講じるべきである。

結論

素晴らしいのは、剽窃検出ツールが進化し続けていることだ。これにより、教育者はアカデミック・インテグリティを維持するためのさまざまな選択肢を得ることができる。

テクノロジーが進歩し、剽窃の検出方法がより洗練されるにつれて、教育者は常に情報を入手し、利用可能な最善のツールを活用すべきである。

しかし、どのツールを選ぶにせよ、堅牢なものを含めることを忘れてはならない。 AI盗作発見器 Undetectable AIのようなツールキットを使ってみよう。

今こそ、AIの助けを借りて、盗作検出方法を未来志向にする時だ。

私たちは、あなたのような教育者に、生徒の作品の信憑性をさらに確信させることができる。

Undetectable AIを信頼する教育者や学生たちの成長コミュニティに参加しよう。

下のウィジェットを使って(英語のみ)、テキストを貼り付けるだけで、AIが生成したコンテンツをどれだけ簡単に検出できるかを見てみよう。

今すぐ無料でお試しいただき、教育機関におけるアカデミック・インテグリティを確保しよう。

#1AIディテクターをForbesが評価
検出されないAI (TM)