アマゾンのためにeBookを書くには?ステップ・バイ・ステップ・ガイド

現実のストレスから逃れ、必要な知識や生活スキルを身につけ、その過程でひらめきを得ることもできる。

読書が多くの人にとって好きな娯楽であり続けているのも不思議ではない。しかし、テクノロジーが進化するにつれ、私たちの読書習慣も進化している。今日は、その一端を紹介しよう、 アメリカ人の10人に3人が 電子書籍を読む。

アメリカ人の10人に3人が電子書籍を読んでいる

今では誰もが、この書籍形式が提供する利便性に乗っかっている。

電子書籍は、電子書籍リーダー、タブレット、携帯電話など、さまざまな電子機器で読むことができる本のデジタル版であり、非常にアクセスしやすくなっている。

どこに行くにも、手のひらサイズの図書館を持ち歩きたいと思わない人はいないだろう。多くの人はそれを好む。嫌いな人もいる。ともあれ、電子書籍はこれからも存在し続けるだろう。

この移行を主導しているアプリのひとつが、アマゾンのKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)プラットフォームだ。KDPは、端的に言えば、電子書籍の世界を支配している。

周辺 電子書籍市場の68% 彼らのものだ。もしあなたが作家なら、そこで成功しなければならない。

売上を上げることは、本を書く過程で考慮すべき重要な要素であり、作品を電子書籍として出版することは、今や必須となっている。

AIと創造性 以前にも増して多くの人が集まるようになり、仕事の効率はさらに向上している。あなたの本がより多くの人の目に触れることができれば、それに越したことはない。

この便利なオールインワン・ガイドで、アマゾン向けのeBookの書き方をすべて学ぼう。

アマゾンで売るための電子書籍の作り方:最初から最後まで

これは 1994年に起業 アマゾンの名で知られている。オンライン書店として始まったアマゾンは、今や世界最大級の企業に成長した。

アマゾンは1994年に設立された新興企業である。

アマゾンは2007年にキンドルを発売した。それ以来、この業界は一度も振り返ったことがない。特に、電子小売の巨人が象徴的なマイルストーンを達成した後はそうだ。 を実際に上回った。 物理的な書籍の販売数である。

これが転機となった。電子書籍の人気が高まり、消費者の読書習慣が一変したのだ。

アマゾンでeBookを書くのは賢い選択だ。あなたのストーリーや専門知識を、確立された世界中の読者と共有することができる。

また、電子書籍は非常に費用対効果が高く、物理的なコピーを印刷、保管、配布する必要がない。コンテンツを更新し、関連性を保つために必要なときはいつでも簡単に編集できる。

アマゾンのKDPプラットフォームは、セルフパブリッシングの著者にとって最良の選択だ。以下は、あなたがKDPを検討すべき理由である:

  • KDPを使えば、作家は無料で電子書籍をセルフパブリッシングできる。また、このプラットフォームはユーザーフレンドリーで、プロセス全体をスムーズに案内してくれる。
  • 作家志望者は、作品の完全な所有権を保持したまま、自分で価格を設定することができる。
  • あなたの本は数日以内に購入できるようになる。
  • アマゾンは巨大なマーケットプレイスを持っており、世界中の何百万という潜在的な読者にあなたの本を簡単に露出させることができる。
  • これが大きなポイントだ:作家は最大70%の印税を得ることができる。

さて、eBookの旅を始める準備はできただろうか?ここでは、ゼロからAmazonでeBookを書き、簡単に出版するまでの手順を紹介する。

執筆の準備

執筆の準備

だけである。 1,000人中30人 書き始めた本を完成させる。

明確な目標を設定しない。作家志望者は、本を書くには技術に完全に専念する必要があることを理解する必要がある。目標を持つことで、プロジェクト全体の土台ができる。

本を書き上げる、本を手にする、あるいはベストセラーリストに載るなど、本を書くときのゴールは明白だと思うかもしれないが、願望は人それぞれだ。

世間が考える成功ではなく、自分のニーズに合った個人的な目標を設定する。

自分自身に問いかけてみてほしい: どんな本にしたい?

第一目標は、明確な方向性と目的を与えてくれるものだ。しかし、ターゲットとする読者のことも考えよう。

読者を理解することで、どのような文体やコンテンツが最も効果的かを知ることができる。

小説を書くにしても、自己啓発本や技術ガイドを書くにしても、誰のために書くのかを知り、自分の個人的な目標や長期的な目標に沿わせることで、読者の共感を得ながら充実感のあるコンテンツを作ることができる。

執筆と編集のプロセス

準備が整ったら、いよいよ本番だ。本を書くことは 巨大な 引き受ける。それを管理しやすいステップに分割することで、はるかに困難が軽減される。以下はそのためのヒントである:

  • 自分の考えを整理し、コンテンツの論理的な流れを確保するために、アウトラインから始める。
  • 常に一貫性を保つ。1日1時間でも良いので、書く時間を決めて習慣づけることをお勧めする。
  • 静かで快適な場所を見つけ、通知をオフにして、邪魔されることなくゾーンに入る。
  • プロジェクトをより小さく、管理しやすい塊に分割し、大きな目標の中で小さな目標を設定できるようにする(章ごとや単語数ごとに設定するとよい)。
  • 最初から完璧なものはないのだから、編集をする前に初稿を完成させることに集中しよう。
  • ハードワークの合間に休憩を取り、フレッシュな目で戻ることを忘れてはならない。
  • 書くことはマラソンであり、疾走ではない。自分に忍耐強く、前進し続けよう。

第一稿が完成したら、編集を始めよう。明快さ、一貫性、一貫性をチェックする。

筋書きの穴、キャラクター展開の問題、論旨のズレに注意すること。

また、他の人からフィードバックをもらうことも検討しよう。ベータ読者は、あなたの本がターゲットとする読者にどのように受け取られるかについて、貴重な洞察を与えてくれる。

本の執筆にAIを活用しよう

AIは、クリエイティブ業界を含む幅広い業界に変革をもたらしつつある。

執筆の世界では、 著者の23% すでに執筆の過程で何らかの形でAIが使われており、今後さらに増えることが予想される。

 23%の著者が、執筆過程において何らかの形でAIをすでに利用している。

出世のチャンスをお見逃しなく。

人気のあるChatGPTやその他の高度な言語モデルのようなAIライターは、基本的にあなたが必要とするテキストの生成を支援するように設計されている。

AIはあなたを助ける 作家のブロックを克服する というのも、これらのツールは膨大な量のデータを処理するため、ブレインストーミングやアウトラインの作成、さらには本のセクション全体の下書きを一瞬で行うことができるからだ。

しかし、AIを使う以上、AI検出器も必要になる。これは、使用するテキストがAIが生成したコンテンツとしてフラグが立たないようにするものだ。

なぜこれを避けるべきなのか?なぜなら、AIを無責任に使用すると、特定のポリシーに抵触する可能性があり、剽窃の危険性もあるからだ。

意図せずとも、AIコンテンツが既存の作品に似てしまうことがあるからだ。以下のような信頼性の高いAI検出器を使用する。 検出不可能なAIこのようなミスを避けることができる。

undetectable ai検出器とヒューマナイザー ホームページ

Undetectable AIがユニークなのは、単に「AIか人間か」という単純な回答を提供しないことだ。

文章の構造、構文、文体の要素にAIが関与している可能性がないか、より深く調べるのだ。

このレベルの分析は、自分の作品がオリジナルであり、偶発的な盗用がないことを保証したい作者にとって、非常に有用である。

さらに素晴らしいのは、『Undetectable』には次のような特徴もあることだ。 ヒューマナイザー機能.ヒューマナイザーは基本的に、AIが生成したテキストをより自然で人間に近いものに修正する。

ステップ5-ヒューマナイザーを使う

AIの利点を最大限に生かしつつ、人間味のある仕事を心がける。

電子書籍のフォーマット

ジャマな本なんて誰も読みたくないだろう?フォーマットは、あなたのコンテンツをプロフェッショナルに見せ、読みやすくするのに役立つ。

印刷された書籍のフォーマットとは異なり、電子書籍のフォーマットは、コンテンツがデジタル空間でどのように見えるかにのみ焦点を当てる。

標準的なeBookフォーマットにより、あなたの本のテキストや画像は、どんなeリーダー、モバイル機器、タブレットでも美しく見える。

これは、あなたのeBookが優れた読書体験を提供することを意味する。適切な配置、一貫したフォントスタイルとサイズ、適切なスペーシング、画像と表の配置を考慮する。

KDP用にeBookをフォーマットする最も簡単な方法は、以下の方法だ。 キンドル・クリエイト.

PCまたはMac用のこのダウンロード可能なツールは、フォーマット作業を完全に効率化する。

Kindle本はどうやって作るのか?

準備ができたので、Kindleで本を出版しよう。

ここでは、あなたの原稿をKindle本にして、世界中の多くの潜在的読者に届ける方法を紹介する。

Kindleダイレクト・パブリッシングのアカウントを開設する

Kindleダイレクト・パブリッシングのアカウントを開設する

KDPプラットフォームにアクセスする で始めることができる。既存のAmazonアカウントでサインインするか、以下の方法で新規アカウントを作成する。 第二電話番号 もしまだ持っていないのなら。

ログイン後、ビジネスの種類、生年月日、国または地域、住所、電話番号、支払い用の銀行情報、税金情報など、必要な情報を入力してプロフィールを完成させる。

eBookの詳細を完成させる

次のステップは、eBookの詳細を記入することだ:

  • タイトル:フックを入れ、字幕は簡潔にする。
  • 著者:投稿者を含め、本名でもペンネームでも自由に使える。
  • 言語:あなたの本が何語で書かれているかを選択する。
  • シリーズとエディション番号:あなたの本がシリーズものであったり、改訂版であったりする場合は記入すること。
  • 説明:eBookを要約し、興味深いものにする。
  • 出版権:自分の作品の著作権が自分にあるのか、パブリックドメインなのかを明記すること。パブリックドメインの作品は、あなたの許可なく転載・配布することができる。
  • キーワード:これらは任意であるが、含めることを強く推奨する。これらはアマゾン検索であなたの本が上位にランクされるのに役立つ。
  • カテゴリー:フィクションかノンフィクションか?あなたの本に関連するカテゴリー(2つまで)を選ぶ。
  • 年齢と学年:子供向けか大人向けかを明記すること。
  • 予約注文:本をすぐに出版するか、予約販売にするかを選択する。

すべての詳細が完了したら、電子書籍の価格を設定することができる。KDPは35%または70%の印税オプションを提供している。アマゾンは、あなたが選択した印税オプションに応じて価格の上限を設定していることに注意。

本を出版する

準備は万端だろうか?出版をクリックすれば完了だ!あなたの電子書籍は、最大72時間でアマゾンのプラットフォームに表示される。

十分な休息をとり、達成を祝おう。

本を書き、出版することは並大抵のことではないので、休息と充電の時間を十分に取ることだ。

準備が整えば、いよいよ本のマーケティングと宣伝に重点を移すことができる。

最後に、本の宣伝とマーケティングを行う

最後に、本の宣伝とマーケティングを行う

出版したからといって、誰もがあなたの本を読むわけではない。ほとんどの人は、あなたがすでに本を出版していることさえ知らない。

効果的なマーケティングで世界に知らせようここに、考慮すべきマーケティングのヒントがある:

  • ソーシャルメディア(Facebook、Twitter、Instagram、LinkedIn、TikTok、Reddit、さらにはGoodreads)で拡散し、火花を散らす。
  • あなたの本を紹介し、読者があなたとつながるための主要なプラットフォームとなる、プロフェッショナルなウェブサイトを立ち上げる。
  • 本のブロガーやブロガーにレビューや特集を依頼する。
  • ポッドキャスト、ラジオ番組、ブログコラボに参加して、自分のストーリーを共有する。
  • もし可能なら、期間限定のプロモーションや割引、無料プレゼントなどを提供し、読者に本を買ってもらったりダウンロードしてもらったりする。
  • 執筆コミュニティと関係を築き、貴重な露出とサポートの機会を得る。

マーケティング活動をターゲットとするオーディエンスと一致させることを常に忘れないこと。

例えば、あなたの本の舞台がダークファンタジーの世界なら、LinkedInの企業文化よりも、Goodreadsのファンタジーブッククラブとつながったほうがいいだろう。

結論

アマゾン向けの電子書籍の執筆は、あなたの創造性と専門知識を可能な限り多くの読者と共有することができるので、本当にやりがいがある。

集中し、困難を耐え抜くことを忘れないこと。執筆の旅は一直線ではないし、浮き沈みがあるのはほとんど避けられない。

その過程で成長し、学ぶ機会を見逃してはならない。

明確な目標と決意があれば、デジタル市場で永続的なインパクトを与えるeBookの執筆と出版を成功させることができる。

そして、AIの力があなたの手元にある今、あなたはAIを活用し、まったく新しいレベルの効率化を実現することもできる。

あなたの仕事の完全性を保証するために、信頼できるものを使用すること。 AI盗作発見器とヒューマナイザー 検出不可能なAIのようなものだ。

このツールをワークフローに組み込むことで、AIの利点を最大限に生かしながら、自信を持ってオリジナルコンテンツを作成することができる。下記のウィジェットを使って、今すぐ無料で試してみよう(英語のみ)。

#1AIディテクターをForbesが評価
検出されないAI (TM)