教授はチャットGPTを検知できるか?[2024年アップデート]

によると、次のようになる。 最近の世論調査56%の大学生が、課題や試験でChatGPTのようなAIを使ったことがある。

chatgptを使用する学生

半数以上の学生54%が、大学のコースワークでAIツールを使用することはカンニングや盗用にあたると答えている。

aiは不正行為をしている

ほとんどの大学生がそうである:

  1. 試験や課題にAIを使う...
  2. 不正行為だと信じて...。

... ほとんどの大学生は、AIを使ってカンニングをしていることを認めている。しかし...

  • ...教授はChat-GPTを検出できるか?

そして

  • エッセイや試験でAI検知はどのように機能するのか?
  • AIの検知を防ぐ方法はあるのか?

この記事では、上記の疑問に対する答えを見つけることができる。

ChatGPTは検出可能か?

短い答えはイエスだ。教授は、ChatGPTによって生成された従来のコンテンツを 74%の可能性.

チャットgpt検出リスク

という最近の研究がある。 AIが生成したテキストの検出ツールのテスト」。 は、12以上の公開ツールと2つの商用システム(TurnitinとPlagiarismCheck)を調査した。彼らは、AIチェッカーがChatGPTを検出する可能性を74%と決定した。

そう、これらのツールは 教師、教授また、AIが作成したコンテンツを検出するための大学もある。

これらのプラットフォームはAI技術を利用している:

  • 剽窃をチェックする:
  • AIによる剽窃をチェックする(AI検出)

そのため、ChatGPTをアカデミックな目的で使いたくなるかもしれないが、ChatGPTの文体に合ったアカデミックなエッセイや試験を提出すると、簡単にフラグが立ってしまう。

幸いなことに、これらのシステムを回避し、AI検出器があなたのコンテンツにフラグを立てる可能性を減らす方法が2つある:

文章でAI検知を防ぐ方法

AIが作成したコンテンツに大学がフラグを立てるのを防ぐには、2つの方法がある:

  1. 手動でコンテンツを書き直す
  2. AIヒューマナイザーを使ってコンテンツをリライトする

次のセクションでは、両者を詳しく見ていき、どちらのオプションがあなたにとってベストかを見ていく:

オプション1:AIが書いたテキストを手動で書き換える(パッチライティングする)。

AIを人間の文章に変える簡単な方法は、いくつかの単語を類義語に変えることだ。パッチライティング」とも呼ばれる。これにより AI検知の可能性が42%に低下.

chatgptコンテンツ検出リスク

手作業によるわずかな文章の変更は、従来のAI剽窃検知ツールを欺くことができる。そのため、AIライティング・ツールが書いた文章の4つのうち3つは検出されるが、現在では4つのうち2つ(または2つのうち1つ)程度しか検出されない。

問題は何か?あなたのライティング課題の2つに1つは、やはりAI検知ソフトに引っかかってしまう。

もっと効果的な方法があるはずだろう?あるはずだ。

AIテキストを人間が書いたテキストに変える「AIヒューマナイザー」を紹介しよう:

選択肢2:AIヒューマナイザーを使う

この調査によると、AIヒューマナイザー・ツールを使ってAIコンテンツを言い換えることは、以下のような効果をもたらすという。 倍の効果がある を手作業で書き換える。検出の可能性は26%である!

chatgpt コンテンツ・ヒューマナイザー

今、ChatGPTのエッセイや試験の4分の1しか検出されない。効果的なAIヒューマナイザーを使っていれば、それ以下かもしれない。

しかし、こうした「AIヒューマナイザー」はどのように機能するのだろうか?

AIヒューマナイザーの使い方

AIヒューマナイザーの仕組みはいたって簡単だ。使い方の簡単な3ステップを紹介しよう:

  1. のウェブサイトにアクセスしよう。 AIヒューマナイザー.
  2. コンテンツのAIチェック(これは無料版に含まれている)
  3. ワンクリックでコンテンツを人間的にする
undetectable aiツールのスクリーンショット

そう、本当に簡単なことなのだ。Undetectable AIのようなツールは、手作業でテキストを書き換えるよりも効果的であるだけでなく、ほとんど簡単に使うことができる。

ここで重要なのは、AIヒューマナイゼーションは無料ではないということだ。ChatGPTと同様に、AIヒューマナイゼーションは言語モデルと包括的なデータベースを使用する。これは作成と維持にコストがかかる。

最もリーズナブルなソリューションのひとつがUndetectable AIだ。AIのヒューマニゼーション・プランは以下の通りである。 $9.99/月 万語、そして以下の範囲である。 $209/月 月払いの場合、308,000語分(年間パッケージには50%の割引がある)。

についてもっと知ることができる。 AI未検出の価格設定 リンクをクリックする。

学生のためのChatGPT検出防止に最適なAIソフトウェア

最高のAI検出器でありAIヒューマナイザーは、Undetectable AIである。

もちろん、我々は偏っている。Undetectable AIが我々のソリューションであることは、もうお分かりだろう。

しかし、私たちは、あなたが十分な知識を持った上で決断できるように、ここで均等に情報を提供するよう最善を尽くした。

とはいえ、私たちは自分たちのソフトウェアに誇りを持っており、AI検出やヒューマナイゼーション機能、そして私たちが望むような使いやすさを備えたソフトウェアを作っている。

具体的には、我々のソフトウェアが最高のAIヒューマナイザーであり、教師、教授、大学がChatGPTが作成した可能性のあるエッセイを見破れないようにすると考える3つの理由がある:

  1. 受賞歴のある正確さだ: 第三者機関によるテスト の精度は85-95%であり、2024年に利用可能な最も精度の高いソリューションのひとつである。
  2. 無料のAI検出ソフトウェア: このツールは、AIの検出に関しては無料で使用できる。これは、ほとんどのユースケースにおいて、AI検出の次のステップとして当然のことである。
  3. 鉄壁の返金保証: AIの内容を人間化(隠蔽)しても検出された場合、人間化にかかった費用を返金する。問答無用である。

そして、我々は400万人のユーザーを抱え、フォーブス誌によるAI検知ツールの格付けで#1を獲得していることを述べただろうか?

リンクをクリックして 初めてAIが生成したテキストを検出する 完全無料で。

よくある質問

教授、教師、大学がChatGPT(あるいは他のAI言語モデル)を検出する可能性については、多くの未解決の疑問や不確定要素があるかもしれない。

このセクションでは、こうしたよくある質問に対する一般的な答えを概説したい:

教授はチャットGPTを検知できるか?

答えはイエスだ。教師はChatGPTが生成したテキストを読んだだけでは検出できないかもしれない。

しかし、教育者がAIの文章を検出する方法は2つある:

  1. 学生の提出物のスタイルや質が、通常の作品と著しく異なる場合。
  2. もし彼らがAI検知ツールを利用できるなら

一般的に、AI検知ツールを利用できる大学に所属していれば、教師はChatGPTを検知する。もしあなたがまだ高校生(またはそれ以下)なら、可能性は低い。ハーバード大学の一員であれば、可能性は高い。

学校はChatGPTを検知できるか?

答えはイエスだ。個々の教師と同様に、より広いレベルの学校は、ChatGPTが作成したコンテンツを検出するためのAI検出ツール(TurnitinやUndetectable AIなど)を利用できるかもしれない。

あなたの学校がAIモデルによって書かれたあなたのコンテンツを検出するかどうかは、それ次第である:

  • 学校の規模 - 学校の資金が多ければ、AI盗作ソフトを利用しやすくなる。
  • 学校の種類 - 専門学校の方がAIコンテンツを検出しやすいだろう。

TurnitinはどのようにChatGPTを検出するのか?

Turnitin(および類似の剽窃チェッカー)は、そのアルゴリズムを更新し、剽窃だけでなく、盗用も識別するようになった:

  • 従来の盗作だが、それだけではない:
  • AIが生成したコンテンツ(ChatGPTや他のAIチャットボットによって作成されたもの)

AIが生成したコンテンツに典型的なパターン、たとえば、ある種の一貫性、異常な明瞭さや形式、その他の言語的シグナルがないか、テキストを分析するのだ。しかし、これらの検出メカニズムの詳細は、各サービスによって異なる。

詳細はこちら TurnitinのAI検出の仕組み ここにある。

Turnitinは学生にも利用可能か?

Turnitin社によれば、CanvasやMoodleなどの学習管理システム(LMS)上で同社のサービスにアクセスすることができる。

しかし、Turnitinの基本的な機能にアクセスできるかもしれない別の方法がある:

  1. 用途 プラッグスキャン- Turnitinが所有するオンライン剽窃チェッカーである。Turnitinと同じ機能を持ち、誰でもお金を払って使うことができる。
  2. 用途 検出不可能なAI - AI剽窃チェックソフトで、Turnitinと同様のAI言語モデルを使用して、ChatGPTが作成したコンテンツを検出する可能性がある。無料で使用できる。

大学はChatGPTコードを検出できるか?

2024年3月という現段階では、答えはノーだろう。

コードを検出するのは、テキストを検出するよりもかなり難しい。最近の研究で AIが生成したコードを識別するAI検出器を評価する:教育への示唆'研究者たちはこう結論づけた:

"我々の結果は、既存のAIGC検出器は、人間が書いたコードとAIが生成したコードを区別する能力が低いことを示している。"

もしあなたが提出したコードが、以前に提出したコードと似ている場合(コメントや構造)、そのコードは検出されない可能性が高い。

Google ClassroomはChat GPTを検出できるか?

短い答えはノーだ。Google ClassroomにはAI検出機能は内蔵されていない。

しかし、これはChatGPTを使用しても検出されない可能性があることを意味するものではない。教育者は、ChatGPTを検出する可能性のあるUndetectable AIなどのサードパーティ製AI剽窃検出ツールを利用することができる。

バレずにChatGPTを使うには?

重要なのは、ChatGPT(あるいは他のいかなる AIツール)を使って学業課題を完了させることは、多くの教育機関の方針により、学業上の不正行為に分類される場合がある。

とはいえ、ここではChatGPTを検知されずに使う3つの方法を紹介しよう:

  1. ChatGPTを勉強の補助に使おう: アイデアを生み出し、複雑なトピックを理解し、オリジナル作品を書くためのアウトラインを起草する。
  2. ChatGPTが生成したテキストを手動で書き換える: パッチライティング」を使って、AIの文章を人間のような文章に変える。同義語を使い、文の構造を変えるだけで、検知される可能性を大幅に減らすことができる。
  3. AIヒューマナイザーを使う: これらは、大学が学生の作品を分析するために使用する同様のツールである。これらは、AIが書いた文章をカモフラージュするために特別に訓練された人工知能ツールである。手作業で内容を書き換えるよりも効果的(かつ迅速)だ。

AIが生成した最初の文章を、最も優れた方法で修正する。 AIヒューマナイザー ツールが利用できる。

検出されないAI (TM)