2024年、教育を改善する教師用AIツールベスト10

AIは、生徒が学習パートナーやオンデマンドの家庭教師の真似をしたり、自分の作品の校正支援を受けたりするためだけのものではない。教師のためのAIツールベスト10はこちら。

幼稚園で小さな子どもたちを教えるにしても、大学の講義室で教えるにしてもだ、 教師用AIツールは非常に多機能である。 それをどう使うかだ。

教育者向けのあらゆる種類のAIツールを使えば、授業計画に手こずることから、驚異的なカリキュラムを作ったり、3時間の退屈な時間をインタラクティブなワークショップに変えたりすることができる。

AI技術を正しく取り入れる は、あなたの教授法を大きく変え、生徒の学習体験を豊かにすることができる。

そこで、肩の荷を下ろしてみてはどうだろう。ここでは、教師向けの効果的なAIツールを10個紹介する。

教師のためのベストAIツール

1.マジックスクールAI

2.検出不可能.ai

3.カワウソ

4.Canva クラスルームマジック

5.文法

6.スライドAI.io

7.クイズ

8.教育コパイロット

9.チャットGPT

10.パワーポイント・スピーカー・コーチ

1.マジックスクールAI

マジックスクールAIのホームページ

MagicSchoolは、教育者が時間を節約し、より良い結果を出し、責任あるAIを最大限に活用するための完璧なハブである。

たった1回のサブスクリプションで、IEPを書いたり、授業を計画したり、効果的な評価を書いたり、あなたが教えている学年にMagic Schoolをどのように使うかについての素晴らしいアイデアを得たりするのに使える60以上のAIツールを手に入れることができる。

MagicStudentというプラットフォームがあり、学生がAI学習にアクセスできるように指導している。 AIリテラシー そして責任感がある。

MagicSchoolは、ルーブリックジェネレーター、テキストレベラー(異なる学年や学習能力の異なる生徒を教える場合に便利)、ジェパディ復習ゲームのような他の楽しい学習ツールのような、便利なツールでいっぱいのダッシュボードを提供することによって機能する。

各ツールを使うには、そのツールをクリックし、必要な情報と学年を入力するだけだ。ジョパディ復習ゲームでは、6年生の「有糸分裂の段階」を例にしている。

多くの可能性があるため、教師は何時間でも多くのマジックツールを使って遊ぶことができる。

2.検出不可能.ai

undetectable ai検出器ホームページ

AIは極めて重要になっている。 高校や大学では当たり前 - 中学校や小学校でも同様だ。

しかし生徒たちは、教師がAIが作成したコンテンツに目を光らせていることを知っており、盗作に対する警戒心を強めている、 検出不可能.ai は、学生から提出されたあらゆるもののオリジナリティと完全性を検証するためのワン&ドーン・ソリューションとして登場した。

undetectable aiプロンプト例ai検出

検出不可能なAIは2つの方法で機能する。 AIが生成したコンテンツ そして入力されたテキストを人間らしくする。

テキストのブロックをコピーしてテキストボックスに貼り付け、読みやすさと目的を切り替え、AIかヒューマナイズのチェックをクリックするだけだ。

この例では、AIが生成したテキストをプロンプトからコピー&ペーストしている。 "ノスタルジー "という概念を幼稚園児に説明できるか?

検出不可能なAIは、AIが書いたものとしてスマートに検出した。 主なAI検出器.

学生は『ヒューマナイズ』を使うことができ、プラットフォームはそこから参考になるリライトされたサンプルを提供することができる。

Grammarlyのような校正はできないが、学生が責任を持ってAIを使っているかどうかを確認することに重点を置いている。

教師は、生徒がアカデミック・インテグリティを実践していることを確認し、Undetectableのようなツールの使用を奨励することができる。

3.カワウソ

その他のAIの動作例

Otter.aiは、サマリー、トランスクリプト、アクションアイテムを作成することで、同僚教師とのコラボレーションやオンラインクラスの開催など、オンラインセッションからより多くの成果を引き出すことができる。

Otter.aiのOtterPilotは、Google Meet、Microsoft Teams、Zoomのあらゆる会議に自動的に参加し、教職員や学生にメモ、スライドキャプチャ、リアルタイムのキャプションを提供することで、誰もがセッションの内容を詳細に思い出すことができる。

誰も拍子を逃さないようにするだけでなく、学習プロセスをより包括的で生産的なものにする。

教師はAIミーティング・アシスタントを使い、要約やミーティング・メモを受け取ったり、Otter AIとチャットして以前のセッションに関する詳細情報を得たり、音声を録音したりすることができる。

4.Canva クラスルームマジック

canva classroomのスクリーンショット

Canvaは教師の親友だ。視覚的にダイナミックなスライドショーやインフォグラフィックスなど、生徒が喜ぶ教材を作るのに最適なクリエイティブツールだ。

2023年10月、CanvaはClassroom Magicを発表した。これは、アニメーション化、書き込み、デザイン、教材の再利用がすぐにできる、さまざまなAI授業ツールを提供するものだ。

CanvaのAIツールを教室で使うのは簡単だ。直感的なインターフェイスはドラッグ&ドロップ形式で、学習曲線は最小限で、教師はMagic Writeのようなツールを活用してコンテンツを書き換えたり、テキストを要約したり、Magic Animateで当たり障りのない教材を魅力的なものに変えたり、Magic Grabでビジュアルをデザインし直したりすることができる。

また、ニューヨーク・タイムズやNASAなどの専門家と協力し、すぐに教えられるレッスンが収録された5,000のリソースをライブラリーとして提供している。

5.文法

grammarly ホームページのスクリーンショット

Grammarlyは、タイプミスやコンマの取りこぼしをキャッチするシンプルなツールのように見えるかもしれないが、インパクトのある文章を書くという点では、教師にとって最高のAIツールのひとつだ。

このプラットフォームは単なる校正にとどまらず、内蔵のガイダンスやフィードバック、ブレーンストーミングの支援、正確な書式の引用ジェネレーターなど、AIを活用したより高度な機能を備えている。

aiツール

テキストの塊をコピー・アンド・ペーストするか、文書をアップロードして、Grammarlyが提供する明瞭さ、正確さ、スタイルに関する提案を確認するだけでいい。

また、ジェネレーティブAIのボックスにクエリや指示を入力したり、既存のものをクリックして、自分の教材や生徒の作品を改善したり見直したりすることもできる。

6.スライドAI.io

スライド・アイオ ホームページ

スライドショーは視覚的に魅力的であるべきだが、退屈で退屈なものになりがちだ。

Googleスライドの拡張機能であるSlidesAIを使えば、手作業を省くことができ、わずか数クリックでプロフェッショナルなスライドを作成できる。

スライドaiでスライドを作成する

拡張機能をダウンロードしたら、自分のテキストやトピックを入力したり、別の参照点を入力したりするだけで、プログラムがプレゼンテーションを作成してくれる。

その後、スライドショーを好きなように編集し、ルック&フィールをカスタマイズすることができる。

さらに、引用、アイコン、150万点以上のプレミアムストック画像を検索することができ、全体的に時間を節約し、スライドショー作成のストレスを取り除くことができる。

7.クイズ

クイズ問題例

小テストというテスト形式は、教育界では今後も廃れることはないだろう。

これは、生徒が知るべきことを理解し、あなたが教えている教材を理解しているかどうかを確認する、迅速かつ簡単な方法である。

QuizizzはAIを採用し、ゲーミフィケーション機能や、各生徒やクラス全体がどのように学習しているかの概要を示す便利なデータレポートを用いて、高品質でインタラクティブなクイズコンテンツを素早く作成する。

教師は主にQuizzizzを使ってカスタマイズされた小テストを作成することができるが、このプラットフォームは、授業用のインタラクティブなスライドショーを作成する方法や、個々の生徒をランダムにテストするためのスピン・ザ・ホイール機能、より良いリアルタイムのインタラクションのためのホワイトボードツールも提供している。

8.教育コパイロット

教育コパイロットのホームページ

授業計画は、多くの教育者にとって憂鬱な作業である。

どうすれば魅力的な内容になるのか?目の前のトピックを確実にカバーするにはどうすればいいのか?Education Copilotは、AIレッスンプランナーによって、そのような疑問を過去のものにすることができる。

テーマやコンセプトに関係なく、この便利なツールは、どの学年レベルのテンプレートも数秒で素早く作成できる。

Copilotの使い方は簡単で、テキストボックスに何を入力すれば最良の結果が得られるかが表示される。入力が終わったら生成ボタンをクリックすれば、すぐに使える文書が完成する。

このプラットフォームは、生徒用レポート、教育用プリント、その他の教材を含む合計10以上のAIツールを提供しており、各レッスンの準備を簡単に行うことができる。

9.チャットGPT

chatgpt-ホームページ-スクリーンショット

このリストの他のツールとは異なり、ChatGPTは、教師が様々な方法で教室を管理するのを助けることができる、より包括的なチャットボットスタイルの生成AIツールである。

教師がこれを使う最善の方法は、アイデアを生み出すものとして使うことだ。

もしかしたら、レッスンに役立つシナリオを思い浮かべるのに手助けが必要かもしれない。

あるいは、創造的な文章を書くためのインスピレーションが必要かもしれない。ChatGPTは、ほんの数秒で無限の提案をすることができる。

プロンプトを入力したり、質問したりするだけで、ChatGPTがそれに応えてくれる。

chatgpt 教師用使用例ツール

10.パワーポイント・スピーカー・コーチ

パワーポイント・スピーカー・コーチ ホームページ

偉大な教師の特徴のひとつは、次のようなものだ。 レッスン・デリバリー.生徒があなたの言っていることを理解し、興味を持ち続けることができれば、生徒の定着率や応用率が高くなるだろう。

PowerPoint Speaker Coachは、マイクロソフトのPowerPoint for the Webに含まれているビルトインツールで、あなたのプレゼンテーションスキルを評価してくれる。

ペースが遅すぎたり、ピッチが高すぎたり、文化的に無神経な言葉を使っていたりしたら、スピーカーコーチが教えてくれる。

特に講演でプレゼンを控えている場合は、事前にSpeaker Coachで練習しておくと便利だ。

スライドショー」タブで「コーチとリハーサル」を選択し、「開始」をクリックすると、画面のガイダンスを見ながら進めることができる。これらのアドバイスに基づいて改善すれば、完璧なプレゼンテーションが完成する。

AIツールは教室で教師をどのように助けることができるのか?

教師のための人工知能ツールは、教室で手助けしてくれる特別なアシスタントがいるようなものだ。授業計画を立てたり、管理業務を減らしたり、生徒の関心を維持したり、生徒が受けている教育を改善したりするためのツールがある。

クラスを巻き込む: 平日毎日クリエイティブでなければならないことは、ベテラン教師にとっても新人教師にとっても難しいことだが、AIは想像力をかき立て、視覚的にも内容的にも興味深い教材を作る手助けをしてくれる。

生徒一人ひとりに合わせて学習をカスタマイズする: 生徒一人ひとりは異なるので、レッスンをカスタマイズできるということは、生徒が自分に最適な方法で教材を理解できることを意味する。

ペーパーワークを削減する: 出席を取ったり、簡単な小テストを採点したり、スケジュールを組んだり、Eメールを送ったりといった時間のかかるルーティンワークをすべてAIが処理することで、より多くの時間と労力を質の高い授業や生徒と教師の交流に割くことができる。

よりスマートなレッスンプランを作成する: ゼロからレッスンプランを組み立てることから、生徒データの分析まで、AIはすべての教師が、適切なトピックを選び、最適なリソースを用いて、意味のあるレッスンを計画するのを助けることができる。

これらのツールは、単に時間を節約し、労力を減らすだけでなく、最も重要なことだが、教育と学習をより効果的にする。

AIは、そのような状況下において、大きな役割を果たすようになった。 悪評 しかし、今こそそれを変える時だ。

AIは教育界において非常に多面的であるが、今日特に緊急のテーマとなっているのは、真正性とアカデミック・インテグリティである。

すべての生徒の作品が本物であることを確認し、生徒が責任を持つようにしたい場合は、統合することを検討する。 検出不可能なAI をあなたの新しいAIツールキットに加える。

この先進的なソフトウェアにより、生徒が受け取る作品が人為的に作成されたものではなく、重要な批判的思考や作文のスキルを生徒自身が身につけていることが保証される。

検出されないAI (TM)