AIは本を書けるか?はい、ここに7つの重要なステップがある

AIは本を書けるのか?この疑問は好奇心とイノベーションを煽り、次の記事ではそれがどのように現実のものとなりつつあるのかを探る。

顧客の行動を予測し、人間との会話をシミュレートし、ヘルスケアなどの分野で物事の進め方を変える。

しかし、AIを使って本を書くことはできるのだろうか?生成的AIを使えば 記録的なスピードで前進しているしかし、それは確かに手の届くところにある。

手に汗握るミステリー、教育的なノンフィクション、情熱的なロマンス小説など、AIは読者の心に響くあなただけの一冊を作る手助けをする。

著者は実際にAIを使って本を書いているのだろうか?

AIを使って出版作品を書くというのは、アマチュア作家の間で非常に人気が出ている新しい現象だ。

スティーブン・キングや村上春樹のようなベテラン作家は、AIを使って本を書くことはないだろうが、シーンに参入しようとしている新人作家は、AIの機能が信じられないほど役に立つと感じるかもしれない。

これまでのところ、AIの助けを借りて書かれた本のほとんどは、いろいろな意味で実験的なものだ。そのほとんどは記録的な速さで書かれ、その多くは小説を書いたことのない人々によって書かれている。

AIが書いた有名な本には、ユッカ・アーリョが書いた人類についての詩集『オウムゴリー』や、子供向けの就寝前の物語『ロボット・ボブ』などがある:宇宙を探検する

また、『コンピュータが小説を書く日』もある。日本の研究グループが星新一賞に応募し、一次選考を通過した短編小説だ。

そしてもちろんだ、 1 ザ・ロードジャック・ケルアックの『路上』にインスパイアされた実験小説である。

1 the Road』では、共著者(AI以外)のグッドウィンが、AIが出力を生成するために使用したセンサー、カメラ、マイクを装備した車でニューヨークからニューオーリンズまで移動した。テキストは今後の研究のため、まったく編集されていない。

AIを使った本の作り方

もしあなたが、AIと提携して本を出版し話題となるような次の著者になりたいと思っているなら、あるいは単にAIを助けの手として使いたいと思っているなら、この7つの簡単なステップがあなたを正しい道へと導いてくれるだろう。

1.AIライティングツールを選ぶ

アイデアを書き留めるのに適したプログラムやノートを選ぶ必要があるように、まずは自分に合ったAIライティングツールを選ぶ必要がある。

Open AIのGPT-4や他の人気のあるチャットボット型ジェネレーターは、自然に選ばれるかもしれないが、Sudowrite、Chapterly、Squiblerのような、本を書くソフトウェアとして設計された高度なツールもある。

これらのツールの中には、単にプロンプトから文章を生成するだけでなく、平坦に見えるシーンを作り上げたり、文章を修正したり、実用的なフィードバックを提供したりするものもある。

2.本のコンセプトを明確にする

執筆ツールの準備はできたか?AIツールはあなたの共同執筆者だが、指示を出すのはあなただ。

だから、書く前に計画を立てる必要がある。何を書くかを考えるだけでなく、AIツールをどのように使えばいいかを考えるのにも役立つだろう。

フィクション小説を書こうとしているなら、ジャンルと、大まかなプロット、登場人物、舞台設定、対立点などの重要な要素を把握する。

ノンフィクションの場合は、AIに取り入れさせたいサブテーマや現実の調査をいくつか定義しておくといいだろう。

3.アウトラインを作成する

アイデアやメモがあちこちに散らばっているので、すべてをあなたとAIツールのためのアウトラインに構造化したいだろう。

ノンフィクションの本は、小説とはかなり違った構成になっている。 リードシー.

ノンフィクションの本には、目次のようなアウトラインがあり、主要なセクション、サブセクション、各サブセクションの下に詳細なポイントが書かれている。

一方、小説は3幕構成に分けられたり、シーンごとに構成されたりする。

ある種のAIツールは、アウトライン作成プロセスを支援し、より多くのアイデアを生み出したり、空白を埋めたりするのに役立つ。

4.AIでコンテンツを生成する

さて、次は実際のコンテンツを作成する番だ。執筆プロセスでAIツールをどの程度使うかは、あなた次第だ。

力仕事をすべてさせたいのか?必要最低限に使いたいのか?AIツールは一般的に、あなたが提供する入力が明確で詳細であればあるほどうまくいく。

あなたの本の内容、あなたが作り上げたキャラクター、そしてあなたがその瞬間に書きたいと思っていることをきちんと伝えることで、オーダーメイドの結果を生み出すことができる。

chatgpt 本のプロンプトを書く

例えば、ChatGPTを使って "Morty's Great Adventure"(モーティの大冒険)という冒険物語の序章を書いたら、それをSudowriteにコピー・アンド・ペーストして何ができるか見てみよう。

aiブック編集

ガイド機能を使えば、ストーリーの次の展開を提案してもらえるだろう。

おそらく、犬のモーティは「隠された宝を発見し、それを持ち続けるか、正当な持ち主に返すかを決めなければならない」、あるいは「森に隠された宝を発見し、狡猾なリスの集団を出し抜いて、その宝を手に入れなければならない」のだろう。

5.絞り込みと編集

執筆の頻度や本の種類にもよるが、本の執筆プロセスのこの部分にたどり着くまで、数週間、数ヶ月、あるいは数年かかることもある。

この段階では、プロットや登場人物に一貫性があるか、文法や句読点に間違いがないかをチェックするために、何組かの人間の目が必要となる。

AIが書いた生の本を目指すのでなければ、AIが生成した小説のように読まれないように、何度も修正を加える必要があるだろう。

AIは執筆プロセスにおける素晴らしい相棒だが、その結果、繰り返しやロボット的すぎる文章、不自然なトーンのニュアンスなどが散見され、読者に受け入れられないかもしれない。

だからこそ、編集作業は非常に重要なのだ。 AIが生成したコンテンツ.

6.ツールを使ってAIをチェックし、本の人間性を高める

編集作業の一部は次のようなものだ。 本に人間味を持たせる.AIは、人間の著者のように繊細で情熱的な本を作ることはできない。

検出不可能なAI は、あなたのコンテンツをスキャンして、主要な無料および有料コンテンツによってAIが書いたコンテンツとしてフラグが立てられないようにすることができる。 AI検出器.

また、洗練された言い換えテクニックを使ってコンテンツを人間らしくし、まるで人間が書いたように読ませることもできる。

ChatGPTが書いたストーリーの序章をコピーしてテキストボックスに貼り付けると、UndetectableがAIが書いたと検知していることがわかる。

undetectable ai本を人間らしくする

Humanize』ボタンを使えば、その抜粋を人間の読者にとってより魅力的で、より感情的な深みのある文章に変えることができる。

Undetectableは、AIを使う作家にとって不可欠なツールであり、ダイアログをより自然に、機械的に生成されたものでないようにする。

7.パーソナル・タッチを加える

自分の文章に人間味を持たせるためには、自分だけのタッチを加えることだ。完成した本は、あなたのビジョンと声を反映したものでなければならない。

編集の過程で手を加えたり、人間味を加えたりしたかもしれないが、もう一度本を見て、さらに深みや奥行きを加えることができる部分を探すことは、ボーナスになりうる。

ノンフィクションの場合、特定の事実や数字を強調したり、特定のトピックについて自分なりの見解を述べたり、個人的な経験を述べたりすることができる。

フィクションの面では、登場人物にもっと癖やニュアンスを与えたり、メインストーリーに小ネタを加えたりすることもできる。

共同執筆者としてAIを起用する場合、AIは不可欠な役割を果たすが、最終的に原稿はあなた自身の作品であることに変わりはない。

結論

AIの能力と人間の創造性や想像力を融合させることは、作家が境界線を打ち破る新しい方法だ。

アマチュア作家は技を磨き、プロ作家は新たな道を開拓することができる。

AIを使って本を書くということは、AIにすべての仕事を任せるということではない。

そして 検出不可能なAIAIが書いたコンテンツがあなた自身の言葉と見分けがつかないようにする完璧な方法がある。

検出されないAI (TM)