AI企業が著作権を侵害したと訴訟

ニューヨーク・タイムズは 提訴 人工知能研究会社OpenAIが著作権侵害で提訴。 

2023年12月27日に提出された訴訟で、タイムズ紙は、OpenAIが人気のチャットボットChatGPTを訓練するために、同社の何千もの記事を無断で使用したと主張している。タイムズ紙は、この使用は、広告収入と購読を促進するウェブトラフィックを減少させることにより、同社のビジネスを脅かすとしている。 

訴訟では、OpenAIに対し、侵害の疑いから得た利益を含む金銭的損害賠償を求めている。 

この訴訟は、AIのトレーニングデータセットをめぐる法廷闘争の波の一部である。小説家やコメディアンのグループもまた、OpenAIが同意なしに彼らの作品を使用したとして訴えている。 

AIの専門家によれば、これらのケースは著作権法とAIがクリエイティブ産業に与える影響について極めて重要な問題を提起しているという。 

OpenAIは、その利用は「フェアユース」に該当し、保護されると主張している。しかし、著作権で保護された作品を使って構築されたAIシステムにフェアユースが適用されるかどうかについて、裁判所はまだ判決を下していない。 

これらの訴訟の結果は、今後のAI技術の発展を大きく左右する可能性がある。

今のところ、『タイムズ』紙の訴訟は、自社のコンテンツを活用するAIシステムに対するメディア企業の反発を表している。裁判所がAIにおけるフェアユースなどの問題をどのように定義するかは、著作権法が新たなテクノロジーに適応するかどうかに影響を与える可能性がある。今回の裁判は、AIのクリエイターとその能力に脅かされる業界との緊張関係を浮き彫りにしている。

(“ボットに抗議する作家たちイラスト:Devan Leos)

ChatGPTをめぐる著者らの訴訟

NYTの訴訟とは別に、別の集団訴訟が起きている。 ファイルされた ジュリアン・サンクトンを中心とするノンフィクション作家のグループが、オープンAIとマイクロソフトに対抗する。

ロイター通信、NPR、および法廷文書によると、少なくとも10人の作家が著作権侵害を主張し、OpenAIに対する訴訟に加わっている。 

OpenAIを提訴している著者は以下の通り:

1.ジョン・グリシャム

2.ジョージ・R・R・マーティン

3.ジョナサン・フランゼン

4.エリン・ヒルダーブランド

5.デヴィッド・バルダッチ

6.ジョディ・ピコール

7.ジュリアン・サンクトン

8.テイラー支店

9.ステイシー・シフ

10.カイ・バード 

著者らは、OpenAIの大規模な言語モデルを学習させるために、何万冊ものノンフィクションが無断でコピーされたと主張している。彼らの訴えは、これは著作権で保護された著作物の「横行する窃盗」に当たると主張している。裁判所はまだ判決を下していない。

これらの訴訟は、AIモデルの学習に著作権で保護された素材を使用することについて、オープンAIが直面している広範な法的課題を浮き彫りにしている。これらの訴訟の結果は、AI産業と知的財産権の保護に重大な影響を及ぼす可能性がある。

訴訟は正当で公平だと主張する人もいれば、ChatGPTは作家から学んだだけだと主張する人もいる。 他のデータソースの 

原告の支持者たちは、ChatGPTは著者の著作物から利益を得ていると言うかもしれないが、ChatGPTの支持者たちは、機械学習の知識とその知識を使って仕事をすることは、人が他の人が書いた本や記事を読んで書き方を学び、そこからインスピレーションを得て、その知識を実行することと変わらないと言う。

AIをめぐる論争はこれだけではない。その一方で、「AIディテクター」は以下のように主張されている。 生徒のAI利用を誣いる.

AIキー

AIは 創作物に著作権はあるのか?

米国ではそうではない。AIによってのみ制作されたコンテンツは、著作権の対象外となる。

米国著作権局は、AIが生成した作品の著作権に前向きだが、これは作品に関わる人間の創造性の程度に左右される。AIが生成したコンテンツを人が創造的に操作すれば、著作権の対象となり得る。

AIを取り巻く現在の規制環境は、まだほとんど未定義で未整備だ。選挙が近づくにつれ、状況は大きく変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

今のところは、時間が解決してくれるだろう...。

**余談ですが 無料AI検出器 これは、8つの異なるAI検出器にわたってテキストをスキャンし、異なる検出器があなたのテキストをどのように見ているかを表示します。**

検出されないAI (TM)